1.12.2 Optifineとシェーダー(影モッド)の入れ方

こんにちは♪
めっちゃんです(。>ω<。)ノ

今回はついに!シェーダー、いわゆる影モッドの入れ方について記事を書きたいと思います。前回のForge導入から時間が空いてしまい申し訳ないです~💦


一般的に「影モッド」と呼ばれたりするシェーダーなのですが…

実際はモッドを入れるのではなく、軽量化モッドであるOptifineを導入し、そのシェーダーパックのフォルダに好きなシェーダーを入れることで影を付けることが出来るのです♪



というわけで、まずはOptifineの導入方法からご説明いたします(「・ω・*)

憧れのシェーダーを使ってキレイなスクショを撮影しちゃいましょう!


***
それでははじまりです((´艸`*))
☕☕☕

バージョン別 Optifine&シェーダーの導入方法一覧📝

1.7.101.7.10 Optifineとシェーダーの入れ方
1.12.21.12.2 Optifineとシェーダーの入れ方
1.13.21.13.2 Optifineとシェーダーの導入方法
1.14.41.14.4ForgeとOptifine(影モッド)の導入方法
1.15.21.15.2 Optifineとシェーダーの導入方法
1.15.21.15.2ForgeとOptifineの導入方法
1.16.11.16.1 Optifineとシェーダーの導入方法

目次

1. 前提モッドForgeの導入
2. Optifineをダウンロードする
3. MODファイルにOptifineを入れて起動する
4. シェーダーをダウンロードする
5. シェーダーをONにしてスクショを撮影する

1.前提モッドForgeの導入

Optifineを導入する前にまずは、前提モッドであるForgeの導入が不可欠となります!

“Forgeが入っていないよ”という方はまずはForgeの導入をしましょう。
最新1.12.2Forgeの入れ方


***
Foregeの導入さえ終わってしまえば後は早かったりします(*’ω’*)



2.Optifineをダウンロードする

Forgeの準備ができたら、次はOptifineをダウンロードします。

まずは↑Optifine DownloadsのHPにアクセスしましょう。ここから自分の使いたいバージョンに合ったものを選びます。
今回は1.12.2でやっていきます(/・ω・)o




バージョンごとに並んでいますので、自分の欲しいものを見つけましょう。

Downloadの部分をクリックするとダウンロードページに飛びます。


さらにDownloadをクリックしていきます。

ダウンロードページでは例のごとく広告がで~んと現れますが、気にせずダウンロードをクリック
慣れてないと変なリンクを踏みがちなので気を付けて下さいね((´艸`*))



ダウンロードが完了すると下の方にウィンドウをが出るのでOptifineを分かりやすい場所に保存しましょう。

ちなみに、めっちゃんは名前を付けて保存を選んで、デスクトップに保存しちゃう派です。こうするとフォルダが行方不明になりづらいので、PC苦手な方にはお勧めです👍




無事に保存が完了したらOptifineのダウンロードは終了です~。

デスクトップだとやっぱり分かりやすくていいですね( ̄▽ ̄)


***
以上、Optifineのダウンロードでした。
ここはすぐ終わったのではないかと思います☕



3.MODファイルにOptifineを入れて起動する

ダウンロードが終わったら、次はOptifineの導入をします。

Optifineを入れたいバージョンのマインクラフトのフォルダを開きましょう。
前回記事のForgeの導入時に作った「Forgeバージョンの専用フォルダ」になりますね(*^^*)



フォルダを開くと、MODという名前のフォルダがあるのでそれを開きます。

ここにダウンロードしたMODを入れることで、色んなMODを楽しむことが出来ます♪
慣れてきたら色々試してみましょう(ฅ>ω<ฅ)


空っぽのMODフォルダに、手順2でデスクトップに保存したOptifineをドラッグすれば完了!





あとはマインクラフトを起動して、Optifineが導入されていることを確認すればオッケー👌

導入が成功していれば、起動画面の左下にこのような表記が出ます。

***
これにてOptifineの導入は完了(/*´∀`)o
シェーダーまであともう少しです☕

4.シェーダーをダウンロードする

Optifineの導入が完了したら、次は好きなシェーダーをダウンロードしましょう

一口にシェーダーと言っても、色んな種類のものがあってどれいいのか悩みますよね~💦今回はめっちゃんが使っておりますKUDAというシェーダーを例に解説したいと思います。

やり方を覚えたら、自分好みの影を探してみて下さいね(*´▽`*)


★別記事で、おすすめのシェーダーOceano2.0についても解説しておりますので、こちらもどうぞ→シェーダーOceanoの2.0を使った感想と設定のカスタムについて





まずはKUDAのダウンロードページにアクセスしましょう。



ここをスクロールしていくとDownloadという場所があります。

今回はoldのKUDAv6.5.56をダウンロード
最新のLegacyも試してみたのですが、エラーが起きてしまいまして💦



クリックすると例のごとくよく分からないページに飛びますが、無視してください♪

数秒経過すると現れる右上のSKIP ADをクリックです。

ヘンテコな広告は気にせず無視です!
”音の鳴る変な警告ページが開く”なんてこともあるので、音をOFFにするのオススメです(‘◇’)ゞ



さらに飛んだページのDownloadをクリックすれば無事にダウンロードが開始されます。

こちらもデスクトップに名前を付けて保存しておくと安全です。




保存が完了したら、先ほどOptifineを導入したマインクラフトフォルダを開きましょう。

するとshaderpacksというフォルダが増えているのでここに、ダウンロードしたKUDAの圧縮フォルダをそのまま放り込みます。

***
これにて、ダウンロード完了ヾ(*´∀`*)ノ
念願の影モッドワールドを楽しみましょう☕



5.シェーダーをONにしてスクショを撮影する

マイクラを起動して適当なワールドを開きます。

いたって普通のバニラワールドですね(*’ω’*)
では、これから影モッドをONにしてみます♪



まずはESCキーを押して”設定→ビデオ設定→シェーダーの詳細設定”の順にクリックします





するとシェーダーを選ぶページにたどり着きますので、ここで先ほどダウンロードしたKUDAv6.5.56をクリック
その後完了を押してみましょう(/*´∀`)o




その後元の画面に戻ると…
びっくりするくらい美しいシェーダーの世界が~!(〃’艸’〃)

これ、はじめて見ると感動しますよね…✨
めっちゃんも嬉しすぎてスクショ撮りまくりでした(笑)



というわけで、これにてシェーダーの導入完了となります♪

長らくお付き合いありがとうございました♪
皆様もお気に入りのシェーダーで自分のワールドのスクリーンショットをたくさん撮っちゃいましょう📷ฅ(>ω<*ฅ)

Follow me!

1.12.2 Optifineとシェーダー(影モッド)の入れ方” に対して7件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です